シャンドゥルール オリジナルフラワーエッセンス
北海道の四季シリーズ

北海道の四季シリーズは、北の大地が育んだ繊細でダイナミックな植物たちのエネルギーをそのまま写し取った、世界でここにしかないフラワーエッセンスです。

ひと月ごとに移り変わる景色とともに、その季節に咲く色とりどりの花々やその地に根付いた力強い樹木。
12ヶ月で12種類の植物のエネルギーを、花の性質をみながら太陽や火のパワーによって閉じ込めました。
日本人の繊細な心や感情に無条件で癒しを与えるのは、日本の土地や水に脈々と受け継がれるDNA。 その素晴らしい自然からの恵みをぜひ感じてください。

私の故郷、北海道の
フラワーエッセンスをつくりたい!

奄美大島でフラワーエッセンスづくりをスタートしてから、次は大好きな北海道の花や樹木でフラワーエッセンスを作ることを思い描いていました。それが叶ったのが2019年6月です。

北海道

北海道フラワーエッセンスづくり

2019年6月、3名の生徒さんと一緒に、北海道旭川にて、はじめての北海道フラワーエッセンスづくりを行いました。 奄美の四季シリーズをスタートしてから9年目のことです。

フラワーエッセンスづくりはもう慣れているとは言え、新しい土地で新たなご縁をいただくのは、とても大切なことです。 北海道は私の故郷。最初に作るフラワーエッセンスは、「白樺」と以前から決めていました。
これほど北海道らしい樹木はないと思ったからです。
そのため、旭川にある「癒しの森 緑の森ガーデン」さんの白樺の森で、最初のフラワーエッセンスづくりをさせていただくことにしました。

フラワーエッセンスは、太陽または火と水によって植物が持つエネルギーを最大限に引き出したものです。
そしてそこにはその植物が根付く場所のエネルギーというのも大変大きな影響を与えると思っています。 そのため、汚れていない環境であるのはもちろんのこと、その土地に自然に自生している植物というのが最もパワフルであると考えています。 また、水にもこだわり、地元で飲まれている湧き水を巡り、その中から場所的にも水質的にもぴったりのものを使用しました。

北海道

緑の森ガーデンの白樺

ここ、緑の森ガーデンには、白樺が群生しています。
そして白樺の木の下には、いくつもの可愛らしいお花が咲いていました。
たくさんある白樺の木の中でも、非常にパワフルなエネルギーが宿った樹があり、私たちはその樹木からもフラワーエッセンスの波動をいただくことにしました。

今回、白樺フラワーエッセンスは煮沸法で製造しました。
煮沸法は、「火のエレメント」として使用するのが、太陽の光ではなく、直接火でグラグラ煮る、と言う方法です。 煮沸法で作られたフラワーエッセンスは、変容の力が大きいとも言われています。

北海道最初のフラワーエッセンスは、こうした強い変容の力を持ったフラワーエッセンスなのです。

北海道

北海道の四季シリーズ

ここからスタートした「北海道の四季シリーズ」
これから、北の大地の四季折々に咲く、素朴な花々で、奄美とはまた違ったエネルギーのシリーズが展開されていきます。 それがどんな力を持ったものになるのか、私もとても楽しみにしています。