磯野菊とは

穏やかさと落ち着き、力強さ。グラウンディングを促すエネルギーです。

磯野菊は、沖縄~奄美諸島に原生する野菊の一種。

花じたいは小さめで、葉っぱや茎の間から顔を出して咲いている、白から薄紫色のあまり目立たない花です。
断崖絶壁や、風のとても強い過酷な場所に、びっしりと密生して咲いている花で、春から秋までほぼ一年を通して咲いていると言われています。

小さいけれども大地にしっかりと根を張り、咲き続ける様子からもわかるように、磯野菊のエネルギーは、『グラウンディング』がテーマ。
このエッセンスを飲むと、気持ちが穏やかになり、心が安定して、ものごとを現実的に対処していく能力がアップします。

また、緊張したり不安を感じている時、焦りや心配などで落ち着かない時など、地に足のついた感覚を呼び戻し、今必要なものにフォーカスすることができるようになります。
心身のパワーアップにもお勧めです。

植物ノート Materia Medica

日本原生でたくさんの種類がある菊の花。
その中でも、海岸近くに咲く薄紫色の小さい花が磯野菊です。

学名
Aster asa-grayi
別名
磯野菊
科・属名
キク科シオン属
原産地
奄美大島から沖縄本島
分類
多年草
花期
周年
花言葉
障害

イソノギクは奄美大島、沖永良部島、沖縄本島に分布する多年草。 茎先に1輪ないし数輪の花(頭花)がつきます。花径は3センチくらいです。
舌状花の色は、白ないし淡い紫色です。 根際から生える葉はさじ形でロゼット状となります。地面に群がって張り付いています。 茎につく葉はへら形で、互い違いに生えています。 葉の質はやや多肉質。葉の長さは数cmで縁には毛があります。 茎はよく枝分かれをし、斜上するか地を這う感じで海岸の強い風に耐えて自生しています。

磯野菊フラワーエッセンス開発物語

奄美のパワースポット

磯野菊のフラワーエッセンスづくりは2013年10月の終わり頃に行われました。
この時期になると、さすがに春や夏に比べると咲いている花の種類も少なくなっています。
しかしフラワーエッセンスづくりで大切なのは、どの花のエッセンスをつくるかよりも、どの場所でつくるのか。
フラワーエッセンスづくりに向いているエネルギーのよい場所に、エッセンスづくりに使えるどんな花が咲いているのかなのです。
私は奄美に行くたびに毎回訪れる、ある海岸で、今回はぜひフラワーエッセスをつくってみたいと思っていました。

そうして磯野菊のフラワーエッセンスづくりを行ったのは、奄美大島でもパワースポットと呼ばれている、太平洋に面したある海岸です。 海岸の前には広々と視界が広がる公園のような場所があり、ベンチや遊歩道も用意されています。 もう少し海岸側に行くと遮るものが何もない、とても心地の良い場所が広がります。 観光地にもなっていることから、日中は観光客の姿も多少ありますが、早朝は誰もいないことから、この美しく広々とした大自然を独り占めできます。

ここは、美しい砂浜の海岸ではなく、白い波が激しく打ち付けるとても風の強い場所です。 海岸には石や砂利がごろごろとあり、打ち寄せる荒波に洗われて角がとれて丸くなっています。 この海岸にある石を持ち出すとよくない事が起こるという言い伝えがあるほど、ここは少し不思議な場所なのです。
波が引くときには、石が擦れて太鼓のような音が聞こえます。 沿岸には奇岩がきり立ち、洞窟もあって、豪壮で男性的な景観。 さすが奄美のパワースポットと言われるだけある場所です。

磯野菊の力強さ

今回はどんな花のフラワーエッセンスをつくろうかと、見回した私たちの目に飛び込んできたのは、辺り一面に咲いているのに、まるで忘れ去られたかのような白から薄紫色をした小さな花でした。

「うーーん、、ちょっと地味だなぁ」
それが最初の印象でした。
でも、近づいてその姿をよくみた時、この暴風といってもいいほどの強い風がふきつける中で、しっかりと地面に根をはり、けなげに咲いているこの花から、とても強いエネルギーを感じたのです。

この丘を覆いつくしている、小さな花の名前は「磯野菊」。
奄美では通称「ハマギク」とも言われているようです。
素朴でかわいらしいこの花で、今回のフラワーエッセンスをつくることに決めました。
そして、たくさんの花の中で、できるだけ紫色が濃い花を選んで摘むことにしました。

花を摘み終えた後は、波が打ちつける浜辺の方に移動して、花の居場所を整え、セッティングを行いました。
水平線の向こうから昇って来た朝日が、これから素晴らしいお仕事をしてくれることを願いながら、私たちは朝食を食べるために移動することにしました。

磯野菊のエッセンスが出来上がった時、朝の太陽の光を受けて、磯野菊のパワフルなエネルギーが水に写し取られているのを感じました。 そして私たちは、奄美の大地と太陽と水、そして今回、私たちにエッセンスづくりをさせてくれた磯野菊に感謝し、母液をつくりあげることができました。
このエッセンスが、これからたくさんの方の気持ちを癒すことを確信しながら、、、

奄美の四季シリーズ お花の物語